USBメモリーに電子メール用ソフトをインストールして、どこでも送受信

1 nPOPの使い方

(1)起動
(2)新着メールのチェック
(3)添付ファイルを開く
(4)新しいメールを作り送信する


(1)起動

 USBメモリ内のnPopフォルダ内にある「nPOP(.exe)」をダブルクリックします。

(2)新着メールのチェック

 nPOPで受信した電子メールは意図的に削除しない限り教育研究所サーバーに保存されます。自宅や外出先のノートパソコン等でOutlookExpress等で電子メールを読んだ際に削除されます。
 新しいメールが届きました。届いたメールを読むにはダブルクリックします。
 本文が表示されます。
次の未読メールを読んだり、返信を作成することもできます。

(3)添付ファイルを開く

この時点で添付ファイルはまだ、受信していませn。「メール」メニューから「受信用にマーク」を選択します。
マークしたもの実行します。
添付ファイルをUSBメモリに保存するために、「編集」メニューの下部に添付ファイル名が表示されるので、クリックすると、保存先を聞いてきますので、保存します。

(4)新しくメールを作り送信する。

メッセージの作成をクリックします
宛先、件名を入力します。添付ファイルもこの画面から実行できます。
OKをクリックすると、本文の入力画面に進みます。入力を終えたら、「直ちに送信」をクリックすると、すぐに送信されます。
送信を終えると送信箱に、送信済みのメールが表示されます。
受信メールの画面に戻るには[送信箱]と表示されている部分をクリックしたときに表示される「教育研究所メール」をさらにクリックします。