ももぞのようちえんの3学期のようす
年少組のお楽しみ会では、これまでに楽しんできた歌遊びや楽器遊びをお家の方々に見てもらいました。ちょっぴりドキドキしながらも好きな動物になりっきて表現していました。 年中組のお楽しみ会は、身近な遊びから発展させた劇やリズム遊びを楽しみました。中でも、うさぎ組の「ガチャガチャバンド」はキッチングッズを使って演奏をし、子どもたちもリズムに合わせて鳴らしていました。
年長組劇遊び「ふしぎなせかい」では、これまでの経験やアイデアを生かして、ストーリーや配役を話し合いながら子どもたちと決め、準備も協力をして進めてきました。一人一人、自分の役を自信を持って取り組みました。 年中組が司会をしてお別れ会をしました。これまでやさしくしてくれた年長組さんに感謝の気持ちを伝えて、ゲームをしたりプレゼント交換をしたりしました。
「きりんぐみさん、今までありがとう・・・。」
桃園地区の方々と、ふれあい会をしました。年長組が地域の方をお出迎えをして、心待ちにしていたふれあい会がはじまりました。 地域の方からは、手品やハーモニカ演奏、地域の写真などを見せてもらった後、こま回しやお手玉、折り紙などの遊び方をやさしく教えてもらい、みんなが楽しくふれ合う機会となりました。
・。