幼稚園の歴史

出来事
昭和31年 4月 1日 2年制2学級編成の公立幼稚園(安芸郡豊里村立大里幼稚園)として認可。
小学校舎の一部に併設。
昭和35年 4月 1日 副食給食開始。
昭和37年 4月 1日 完全給食開始。
昭和39年12月 1日 3学級編成実施。教諭1名増。
昭和40年 2月25日 郡教委研究指定発表。
テーマ「基本的生活習慣の育成をどのようにすればよいか」
昭和43年 4月 1日 2学級編成。
昭和43年11月27日 郡、県指定研究発表。
テーマ「のびのびと絵を描くにはどうしたらよいか」
昭和47年 1月21日 新園舎落成式。
昭和48年 2月 1日 津市と合併し、津市立大里幼稚園と改名。
(津市大里窪田町1890番地)
昭和48年 4月 1日 大里小学校兼務の養護教諭配置。
昭和49年 4月 1日 3学級編成。教諭1名増。(年少2、年長1)
昭和50年 4月 1日 4学級編成。教諭1名増。(年少2、年長2)
昭和51年 8月28日 プレハブ遊戯室、職員室増築。
昭和53年 4月 1日 独立園となり、専任園長、専任養護教諭配置。
昭和54年 4月 1日 3学級編成。1学級減。
昭和56年11月19日 市教委研究推進研究発表。
テーマ「思ったことや感じたことをいきいきと表現できる子どもを育てよう」
(劇的な活動)
昭和57年 4月 1日 2学級編成。1学級減。
昭和60年 4月 1日 専任養護教諭が解かれ、大里小学校併任の養護教諭配置。
昭和61年 4月 1日 臨時養護教諭が市教委に配置。毎月巡回。(3園担当養護)
昭和61年11月23日 大里幼稚園創立30周年記念式典。
昭和62年 4月 1日 併任養護教諭が解かれ、市教委に養護教諭配置。
平成 3年 9月 園舎改築工事着工。
平成 4年 8月  園舎改築工事完了。
平成 4年 9月 園舎改築記念落成式。
平成 8年 4月 日本学校体育健康センターより【平成8・9年度全国学校安全研究園】の指定を受ける。
テーマ「豊かな心と健やかな体を持ち、いきいきと活動する幼児をめざして」
平成 9年11月14日 市教委研究推進園研究発表。
テーマ「豊かな心と健やかな体を持ち、いきいきと活動する幼児をめざして」
平成11年 4月 1日 専任養護教諭配置。
平成11年11月18日 学校安全に関する文部大臣表彰受賞。
平成12年 7月 1日 学校安全に関する内閣総理大臣表彰受賞。
平成13年 4月 1日 3学級編成。教諭1名増。(年少2、年長1)
平成15年 4月 1日 2学級編成。1学級減。
平成16年 4月 1日 合併に伴う広域人事交流。(園長職)
平成23年 4月 1日  3学級編成。1学級増。



トップページにもどる