幼稚園の沿革   

年度 概要
昭和31年5月 七栗小学校併設園として校地内に設置され、久居市立七栗幼稚園と称する

昭和32年11月

七栗幼稚園稲葉分園が稲葉小学校に開設される
昭和33年4月 稲葉分園が独立し、稲葉幼稚園となる
昭和43年5月 七栗幼稚園・稲葉幼稚園が統合して、久居市立栗葉幼稚園となり、北園舎(稲葉)、南園舎(七栗)となる
昭和44年4月 両園舎が統合して、名実ともに栗葉幼稚園となる
昭和45年5月 栗葉幼稚園園歌が制定される
昭和45年8月 市制施行に伴い、久居市立栗葉幼稚園となる
昭和51年12月 創立20周年記念式典を挙行する
昭和54年1月 久居市森町284番地の1に新園舎が落成し、移転して独立園となる
昭和54年9月 専任用務員が配置される

昭和57年4月

専任園長が配置される。2年保育制が実施される
昭和59年11月 久居市教育研究会研究推進園研究発表会を開催する
創立30周年記念事業として、園庭にトンネル山を作る
昭和62年3月 創立30周年記念式典を挙行する
平成2年11月 三重県教育委員会研究推進園研究発表会を開催する

平成12年11月

久居市教育研究会研究推進園研究発表会を開催する
平成13年1月 園児数増加に伴い、保育室が増設される
平成14年4月 学校週五日制が実施される
久居農林高等学校との交流保育を開始する
平成18年1月 市町村合併により津市立栗葉幼稚園となる
平成19年4月 専任主任が配置される
平成20年5月  
5月13日に創立40周年を迎える。                         
平成22年10月   特別支援教育支援員が配置される。                         

 

                                           もどる